自動車リサイクル

自動車リサイクルシステムとは…

日本では、1年あたり約360万台ものクルマが廃車になっています。
クルマはもともと鉄やアルミ等の金属が多く使われているためリサイクル率は高く、総重量の約80%がリサイクルされ、残りの20%はシュレッダーダスト(クルマの解体・破砕後に残るゴミ)として主に埋立処分されていました。
しかし、埋立処分スペースが残りわずかとなり、埋立処分費用の高騰などの原因により、不法投棄・不適正処理が心配されるようになりました。
また、カーエアコンの冷媒に利用されているフロン類がきちんと処理されないとオゾン層破壊や地球温暖化問題を引き起こすこと、クルマをリサイクルするにあたり、爆発性のあるエアバッグ類を安全に処理するには専門的な技術が必要とされることも問題となっていました。

そこで、これらの問題を解決するために2005年1月から「自動車リサイクル法」がスタートしました。
この「自動車リサイクル法」では、
1.自動車メーカー・輸入業者に、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の引取・リサイクルを義務づけています。
2.その処理費用は、リサイクル料金として、クルマの所有者が負担することになっています。
3.このリサイクル料金は、廃車になるまで、資金管理法人(本財団/自動車リサイクル促進センター)がお預かりし、その厳格な管理を行なっています。
また、関連事業者等における廃車のリサイクルの実施状況等については情報管理センター(本財団/自動車リサイクル促進センター)が的確に把握・管理することになっています。

自動車リサイクルの流れ

ユーザーが使わなくなった車を、自治体に登録された引取業者(新車・中古車販売店、解体業者)に引き渡します。ここから自動車リサイクルがスタートします。

カーエアコンの冷媒に使用されているフロン類は、フロン回収業者が専用ボンベに回収して処理します。

バッテリーやタイヤ、廃油、廃液などは解体業者が回収して、適正に処理(リユース・リサイクル)します。

ドアやエンジンなど、まだ使える部品はリサイクル部品として再利用されます。

解体された車は破砕業者がシュレッダーマシンで破砕したのち、、金属類と廃車くずであるシュレッダーダストに分別します。シュレッダーダストは、自動車メーカー等に引き渡します。自動車メーカー等は引き取ったシュレッダーダストを熱エネルギーとしてリサイクルします。

鉄、アルミ、銅などの金属類は、原材料としてリサイクルされます。